• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어
  • Français
  • Español

デバイスレス・ワンタイムパスワード

※以前より「トークンレス・ワンタイムパスワード」としていた認証機能の名称を「デバイスレス・ワンタイムパスワード」と変更いたしました。

セキュリティ&使いやすさを両立!


スマートフォンやトークンなどの別のデバイスを使わずに実現可能なワンタイムパスワードです。

デバイスレス・ワンタイムパスワードは、ユーザーがあらかじめ決めておいたパターンをもとに乱数表からワンタイムパスワードを読み取る仕組みです。ログインのたびに入力するパスワードが新たに生成されることで、強固な認証を実現します。

動画で解説【デバイスレス・ワンタイムパスワード】

\ 登録不要!30秒で体験できる /

デバイスレス・ワンタイムパスワードのメリット

リモートアクセスに最適!

ブラウザだけで成立するため、認証用のスマートフォンやトークンなどの機器を追加で持ち歩く必要はありません。認証の際に認証用デバイスを取り出す必要もなく、「どこでも」「どのデバイスでも」「どのシステムでも」利用することができます。

導入・管理コストを大幅削減!

「デバイスレス」のため、ワンタイムパスワード用のデバイスや指紋認証リーダー、顔認証用のカメラなどの認証用デバイスを社員に貸与する必要がなく、導入コストを削減できます。 サポートを自動化し、管理者の手間や管理にかかるコストも削減することができます。

リモートアクセスに最適!

ブラウザだけで成立するため、認証用のスマートフォンやトークンなどの機器を追加で持ち歩く必要はありません。認証の際に認証用デバイスを取り出す必要もなく、「いつでも」「どこからでも」「どの端末でも」利用することができます。

導入・管理コストを大幅削減!

「デバイスレス」のため、ワンタイムパスワード用のデバイスや指紋認証リーダー、顔認証用のカメラなどの認証用デバイスを社員に貸与する必要がなく、導入コストを削減できます。 サポートを自動化し、管理者の手間や管理にかかるコストも削減することができます。

デバイスレス・ワンタイムパスワードの仕組み

「パターン」の設定

まず、ユーザー自身で「どのマス目から」「どの順番で」数字を抜き出すかを決めます。この位置と順番を「パターン」と呼びます。

パターン設定のルール
パターンに設定するマス目は、タテ・ヨコ・ナナメどの方向でも、離れていても構いません。
自由に設定が可能です。

パターン設定のルール
パターンに設定するマス目は、タテ・ヨコ・ナナメどの方向でも、離れていても構いません。
自由に設定が可能です。

認証の手順

認証時には乱数表が表示されます。この乱数表のマス目に表示された数字を、パターンで設定した「位置と順番」に沿って入力し、「ログイン」ボタンを押すことで認証します。

表示される乱数表が認証のたびに変わるので、入力する数字も毎回変わります。その結果、ワンタイムパスワードとして成立します。

特許※乱数表から抜き出してワンタイムパスワードを生成する<U.SPAT.6141751/JP.PAT.5276658>

「追加フレーズ(固定パスワード)」との組み合わせ

パターンに沿って抜き出した数字の前後に、ユーザー自身が設定した固定の文字列「追加フレーズ」を追加することで、より安全性を高めることが可能です。

例)パターンで抜き出した数字に、追加フレーズを後ろへ追加した場合

-他の機能を見る-

デバイスレス・
ワンタイムパスワード

詳細を見る

Windows OS
認証強化

詳細を見る

シングルサインオン

詳細を見る

アクセスコントロール

詳細を見る

クライアント
証明書認証

詳細を見る

SW & HWトークン

詳細を見る

ログインプロテクト

詳細を見る

豊富な連携方式

詳細を見る

ユーザー情報
自動更新

詳細を見る

サポート自動化

詳細を見る

マルチポリシー設定

詳細を見る

サーバー冗長化

詳細を見る