• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어
  • Français
  • Español

PassLogicの多要素認証

多要素認証とは

多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)とは、認証の信頼性を高めるために、「知識」「所有物」「生体情報」の3つの認証要素のうち、異なる2つ以上の要素を組み合せることで、認証を強化する方法です。事実上、二要素あれば成立するので、二要素認証とも呼ばれます。

知識認証

自分だけが知っていることで認証する

所有物認証

自分だけが持っているモノで認証する

生体認証

自分だけの身体的特徴で認証する

PassLogicの多要素認証の組み合わせ

PassLogicでは、さまざまな認証方式を組み合わせて、全部で13通りの多要素認証を提供しています。PassLogic認証や、ソフトウェアトークンによるビンゴ型表示などの「知識認証」と、クライアント証明書や、ログインプロテクト、ソフトウェアトークン、ハードウェアトークンの「所有物認証」をご要件に応じて選択いただけます。Windows OSの認証強化にも適用可能です。
※2024年秋ごろにスマートフォンを利用した生体認証に対応予定です。

【上記は非表示の画像】下記のカスタムHTMLにて表を記載
※1 生体認証は2024年秋ごろ対応予定です。
スクロールできます
No, 知識 所有物 知識+所有物 所有物+生体 認証要素 Windows
OS
認証強化対応
PassLogic
認証
クライアント
証明書
ログイン
プロテクト
ソフトウェア
トークン
ベーシック表示
ソフトウェア
トークン
ビンゴ型表示
ソフトウェア
トークン
+PINコード
ハードウェア
トークン
+PINコード
ログイン
プロテクト
生体認証※1
1
2 reco
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
※1 生体認証は2024年秋ごろ対応予定です。

手ぶらで多要素認証【PassLogic認証+クライアント証明書】

手間がかからない

この組み合わせでは、ブラウザ上だけで認証が完結します。ハードウェアトークンや、スマートフォンなどの機器が不要なため、手ぶらでも多要素認証ができ、管理や持ち運びなどの手間がかかりません。

高いセキュリティ

PassLogic認証により、複数のパスワードを覚えたり、管理したりする必要がなく、当然ながら、使いまわしの心配もありません。脆弱性のあるパスワードを使用しない高いセキュリティの認証方法が利用できます。

【非表示】下記に空欄の段落ブロックが存在します。各機能へのページ内リンクのアンカーを設置していますので消さないでください。

さまざまな認証方法を選択可能

PassLogicではさまざまな認証方法を用意しています。お客様のご利用環境に合わせて最適な方法をお選びいただけます。

PassLogic認証

ログイン画面に、乱数を配置したマトリックス表が表示され、事前に決めておいたパターンに沿って数字を読み取ることでワンタイムパスワードとして利用できます。

クライアント証明書

PassLogicをインストールするだけでプライベート認証局が構築され、この認証局からはクライアント証明書を無制限に発行できます。これらのサービスに追加費用は一切かかりません。また、導入時の負荷を軽減するための自動発行機能が実装されており、遠隔地の端末への配布もスムーズに行えます。

ログインプロテクト

モバイルアプリ「PassClip L」を使用したPassLogicの認証強化機能です。ログイン時のみロックを解除する方法で、ログイン時以外は常にロックが掛かっている状態のため、高いセキュリティが得られます。

ソフトウェアトークン

一定の時間で変化するワンタイムパスワードを生成する専用アプリを利用できます。
ワンタイムパスワードの生成には通信を使用しないため、通信キャリアの回線やWi-Fiなどインターネットに接続していないオフライン環境でも利用可能です。

ビンゴ型表示

5×5のマスの中に隠されたワンタイムパスワードを、ユーザーがあらかじめ決めておいた「パターン」に沿って読み取ります。他人に画面を見られてもパスワードを読み取られる心配がありません。

PINコード

ワンタイムパスワードに追加で設定できる固定のパスワードです。
知識情報を利用してセキュリティを強化することができます。

ハードウェアトークン

OATH規格のハードウェアトークンによるワンタイムパスワード認証が利用可能です。
カメラやストレージ機能のないシンプルなトークンなので、セキュリティルームへの持ち込みなどの用途にもご利用いただけます。

PINコード

ワンタイムパスワードに追加で設定できる固定のパスワードです。
知識情報を利用してセキュリティを強化することができます。

Windows OSの多要素認証に対応

Windows OS認証強化

「PassLogic for Windows Desktop」は、Windows OSのサインインにPassLogicの認証機能を適用し、多要素認証による認証強化が可能です。
オフラインでも多要素認証がご利用いただけます。

-他の機能を見る-

デバイスレス・
ワンタイムパスワード

詳細を見る

Windows OS
認証強化

詳細を見る

シングルサインオン

詳細を見る

アクセスコントロール

詳細を見る

クライアント
証明書

詳細を見る

SW & HWトークン

詳細を見る

ログインプロテクト

詳細を見る

豊富な連携方式

詳細を見る

ユーザー情報
自動更新

詳細を見る

サポート自動化

詳細を見る

マルチポリシー設定

詳細を見る

サーバー冗長化

詳細を見る