ソフトウェアトークン / ハードウェアトークン

2要素認証をはじめ多彩な認証を実現



PassLogicはトークンレスの認証システムですが、各種トークンを併用した2要素認証も可能です。トークンと組み合わせることによって、2要素認証が簡単に実現できます。

トークンとは?トークンはワンタイムパスワードを表示する機器の事。
キーホルダータイプやカードタイプの専用機器にパスワードを表示するハードウェアトークン、スマートフォンに専用アプリをダウンロードしてパスワードを表示するソフトウェアトークンが一般的です。逆にトークンを使わずブラウザだけでパスワードを表示することを
トークンレスといいます。

– ソフトウェアトークン –

パスロジではPassLogicをご利用のお客様にソフトウェアトークンを無償で提供しています。形式はスマートフォン用アプリ(iOS・Android対応)となり、手軽にワンタイムパスワード認証を利用できます。詳細についてはお問い合わせください。

パスワード表示形式

  • ◆ パスワードをそのまま表示する「ベーシック表示」
  • ◆ 5×5のマス目に隠して表示する「ビンゴ型表示」

※ビンゴ型表示は、PassLogicと同様のシステムとなっており、ユーザーごとのシークレットパターンを知っていないと答えが分からないため、知識認証として活用できます。

– ハードウェアトークン –

OATH規格のハードウェアトークンによるワンタイムパスワード認証を利用可能です。
PIN(固定パスワード)との併用も可能。2要素認証による強固な認証を提供します。

– 2要素認証 –

個人を認証する際に使われる要素は、以下の3種類に分けられます。

  • 1)自分だけが知っていることで認証する「知識認証」
  • 2)自分だけが持っているモノで認証する「所有物認証」
  • 3)自分だけの身体的特徴で認証する「生体認証」

これらを認証の3要素と呼び、この中の2つを組み合わせたセキュアな認証方式を2要素認証と呼びます。

PassLogicでは、用途や要件に応じてさまざまな組み合わせを選択し、2要素認証を実現できます。

知識認証+所有物認証(トークンレス・ワンタイムパスワード+クライアント証明書)
所有物認証+知識認証(スマートフォン+ビンゴ型ソフトウェアトークン)
所有物認証+知識認証(スマートフォン+PINコード)
所有物認証+知識認証(ハードウェアトークン+PINコード)

– 他の機能を見る –

トークンレス
ワンタイムパスワード

セキュリティ&
使いやすさを両立!

ソフト&
ハードトークン

複数の認証方式から「お客様にピッタリ!」を選択

ログインプロテクト

オートロックで侵入防止

WindowsOS
認証

PC内の情報資産に
強固な鍵を

クライアント
証明書認証

不審な端末を
アクセスブロック

アクセス
コントロール

アプリ単位で
柔軟に接続制御

シングルサインオン

利用者/管理者の
生産性UP

豊富な連携方式

あらゆるテレワーク
システムと連携

AD連携

ユーザー情報を
自動更新

サポート自動化

サポートコストを
大幅カット

マルチポリシー

複雑な組織体系にも
柔軟に対応

サーバー冗長化

可用性・災害に
万全の備えを



PAGE TOP