トークンレス・ワンタイムパスワード

トークン不要!ブラウザだけで成立するワンタイムパスワード

「ワンタイムパスワード(OTP)」とは、ログインのたびに異なるパスワードを使う認証方式です。
一度使ったパスワードを繰り返し使わないため、パスワードの漏えいや盗難による不正アクセスに強く、セキュリティを高めることができます。

トークンレス・ワンタイムパスワード説明動画

トークンを使わず、ブラウザだけで成立するワンタイムパスワードを動画で解説します。

※YouTubeのこちらのページでも公開中です。このページで見づらい方はご利用ください。

トークンレス・ワンタイムパスワードのメリット

トークン不要でコストも削減!

トークン不要!●トークン不要!
PassLogicのメインとなる認証機能は、トークン不要で実現するワンタイムパスワード(1回限りの使い捨てパスワード)です。ブラウザだけで成立するため「リモート+モバイル」利用と相性が良く、「いつでも」「どこからでも」「どの端末でも」利用することができます。

管理機能で業務支援●管理機能で業務支援
認証用のデバイスの配布が不要になり、運用業務を支援する機能が豊富なため、管理運用コストが大幅に削減できます。



PassLogic [ 管理機能 ] ≫

トークンレス・ワンタイムパスワードの仕組み

「パターン」の設定

まず、ユーザー自身で「どのマス目から」「どの順番で」数字を抜き出すかを決めます。この位置と順番を「パターン」と呼びます。

「パターン」の設定
パターン設定のルール

パターンに設定するマス目は、タテ・ヨコ・ナナメどの方向でも、離れていても構いません。
自由に設定が可能です。

パターン設定のルール

認証の手順

認証時には乱数表が表示されます。この乱数表のマス目に表示された数字を、パターンで設定した「位置と順番」に沿って入力し、「ログイン」ボタンを押すことで認証します。

認証の手順1img


表示される乱数表が認証のたびに変わるので、入力する数字も毎回変わります。
その結果、ワンタイムパスワードとして成立します。

認証の手順2img
特許※乱数表から抜き出してワンタイムパスワードを生成する<U.SPAT.6141751/JP.PAT.5276658>

「追加フレーズ(固定パスワード)」との組み合わせ

パターンに沿って抜き出した数字の前後に、ユーザー自身が設定した固定の文字列「追加フレーズ」を追加することで、より安全性を高めることが可能です。

例)パターンで抜き出した数字に、追加フレーズを後ろへ追加した場合
追加フレーズとの組み合わせimg

資料請求・お問い合わせはこちら