• 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어
  • Français
  • Español

デバイスレス・ワンタイムパスワード

パスワードにかわってログインを強化!

ログイン画面に、乱数を配置したマトリックス表が表示され、事前に決めておいたパターンに沿って数字を読み取ることでワンタイムパスワードとして利用できます。

 ※同じマスのみを使用するパターンは、システム上禁止されています。

デバイスレス・ワンタイムパスワードの3つのメリット

デバイスレス・ワンタイムパスワードを導入することで、ログインのセキュリティ強化と同時に、利便性・コストの面で3つの大きなメリットが期待できます。
※「デバイスレス・ワンタイムパスワード」は、PassLogic認証(マトリックス方式)でワンタイムパスワードを生成する機能の名称です。

「パターン」を覚えるだけの簡単操作

ログイン画面のマトリックス表に乱数が表示されます。事前に設定したパターンに沿って数字を読み取ることで、ワンタイムパスワードとして使用できます。
マスの位置と順番を覚えておくだけで、強力なワンタイムパスワードによるログインが可能です。パスワードを忘れてしまうといった心配もありません。

ブラウザでアクセスするだけ

ログインはブラウザ上だけで完結します。認証器の設置やソフトウェアのインストールは必要ありません。スマートフォンやトークンなどの端末を持ち歩く必要がないので、ブラウザから目をそらすことなく、スムーズな認証が可能です。

導入・管理コストを大幅軽減!

ログイン用の別の認証器を配布する必要がないため、導入コストが軽減できます。さらに、パターンの再設定とロックアウト解除を自動で行う機能を利用することで、日常のサポートに加え、夜間や休日のサポートも自動化できるようになり、管理コストが軽減されます。

デバイスレス・ワンタイムパスワードのログインは、簡単3ステップ!

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方を簡単に3ステップで紹介します。

【はじめてのご利用】初回ログインで「パターン」の設定

ログインを始める前に、ユーザー自身が、マトリックス表の「どのマス目」から「どの順番」で数字を抜き出すかを決めます。マス目の位置と順番を「パターン」と呼びます。パターンに設定するマス目は、タテ・ヨコ・ナナメどの方向でも、離れていても構いません。 自由に設定が可能です。 設定するパターンの長さは管理者が指定することができます。(初期値:6文字以上12文字以内)

ログインSTEP1 ユーザーIDの入力

まず初めにPassLogicのログイン画面にユーザーIDを入力します。

ログインSTEP2 ワンタイムパスワードを入力

ログイン画面のマトリックス表に乱数が表示されます。この乱数表のマス目に表示された数字を、設定したパターンの「位置と順番」に沿ってワンタイムパスワードとして入力し、「ログイン」ボタンを押してログインを完了します。

ログインSTEP3 ログイン成功!

ログイン後は複数の業務システムやアプリケーションにシングルサインオンが可能です。使用したいアプリケーションをクリックするだけで、ログイン後の画面に遷移できます。

デバイスレス・ワンタイムパスワードのログインは、簡単3ステップ!

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方を簡単に3ステップで紹介します。

パターンの設定

1 ユーザーID入力

2 パスワード入力

3 ログイン成功!

【はじめてのご利用】初回ログインで「パターン」の設定

ログインを始める前に、ユーザー自身が、乱数表の「どのマス目」から「どの順番」で数字を抜き出すかを決めます。マス目の位置と順番を「パターン」と呼びます。パターンに設定するマス目は、タテ・ヨコ・ナナメどの方向でも、離れていても構いません。 自由に設定が可能です。 設定するパターンの長さは管理者が指定することができます。(初期値:6文字以上12文字以内)

デバイスレス・ワンタイムパスワードのログインは、簡単3ステップ!

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方を簡単に3ステップで紹介します。

パターンの設定

1 ユーザーID入力

2 パスワード入力

3 ログイン成功!

ログインSTEP1 ユーザーIDの入力

まず初めにPassLogicのログイン画面にユーザーIDを入力します。

デバイスレス・ワンタイムパスワードのログインは、簡単3ステップ!

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方を簡単に3ステップで紹介します。

パターンの設定

1 ユーザーID入力

2 パスワード入力

3 ログイン成功!

ログインSTEP2 ワンタイムパスワードを入力

乱数表が表示されます。この乱数表のマス目に表示された数字を、設定したパターンの「位置と順番」に沿ってワンタイムパスワードとして入力し、「ログイン」ボタンを押してログインを完了します。

デバイスレス・ワンタイムパスワードのログインは、簡単3ステップ!

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方を簡単に3ステップで紹介します。

パターンの設定

1 ユーザーID入力

2 パスワード入力

3 ログイン成功!

ログインSTEP3 ログイン成功!

ログイン後は複数の業務システムやアプリケーションにシングルサインオンが可能です。使用したいアプリケーションをクリックするだけで、ログイン後の画面に遷移できます。

\ 登録不要!30秒で体験できる /

FAQ

ワンタイムパスワードにアルファベットや記号を使うことはできますか?(追加フレーズ)

アルファベットや記号を、ワンタイムパスワードの数字に組み合わせることができます。
この文字列を「追加フレーズ」と言います。
パターンに沿って読み取った数字の前後や中間に、ユーザー自身が設定した固定の文字列である「追加フレーズ」を追加することにより、セキュリティを強化することが可能です。組織のパスワードポリシーによって、英字や記号を含める必要がある場合にも対応できます。追加フレーズの文字数は管理画面で設定が可能です(初期値:0文字以上6文字以内)。

例)パターンで抜き出した数字の後ろに追加フレーズを追加した場合
ユーザーが簡単なパターンを設定しないか?(パターンの制限)

ユーザーが簡単なパターンを設定できないように、パターン設定を制限する機能を搭載しています。必要に応じて複数の制限を組み合わせて設定することができます。

一筆書きの禁止

始点から終点までが一筆書き可能な、隣接した位置のみで構成されるパターンを禁止します。隣接した位置とは、特定の位置を中心として8方向に隣接する位置を指します。


全てのブロックから必ず1つ以上選択させる

マトリックス表の3つのブロックからそれぞれ1マス以上を利用したパターン以外は登録を禁止します。

禁止パターンの個別登録

明らかに単純なパターンを個別に指定して禁止します。

ユーザーがパターンを忘れた場合は?(パスワードの自動再発行機能)

ユーザーがパターンを忘れた場合に備えて、ユーザー自身がパターンを再設定するか、もしくは管理者が手動で再設定するかを、管理画面から設定しておくことができます。

ユーザーがログインを失敗した場合は?(ロックアウトと自動解除)

管理者によってあらかじめ決められている回数、連続でログイン失敗した場合、アカウントをロックします(ロックアウト)。
ロックアウトされた場合に備えて、一定時間経過後の自動解除、もしくは管理者による手動解除を、管理画面から設定しておくことができます。

なぜデバイスレス・ワンタイムパスワードのセキュリティは強いの?(安心の特許技術)

デバイスレス・ワンタイムパスワードは、知識認証による非常に高いセキュリティ強度を提供します。
その強さの秘密は、ログインのたびにマトリックス表に表示される乱数が変わるところにあります。この方法は特許技術に基づいており、乱数表の変化に伴い、毎回読み取る数字が変化するため、毎回異なるワンタイムパスワードを生成することができます。
また、ワンタイムパスワード自体を通信で送付することがないため、他人に盗み見られたり傍受されたりする心配がありません。

特許について詳しくはこちら

デバイスレス・ワンタイムパスワードの使い方の動画をみたい

スマートフォンやトークンを使わず、ブラウザだけで成立するデバイスレス・ワンタイムパスワードを動画で解説します。


-他の機能を見る-

デバイスレス・
ワンタイムパスワード

詳細を見る

Windows OS
認証強化

詳細を見る

シングルサインオン

詳細を見る

アクセスコントロール

詳細を見る

クライアント
証明書

詳細を見る

SW & HWトークン

詳細を見る

ログインプロテクト

詳細を見る

豊富な連携方式

詳細を見る

ユーザー情報
自動更新

詳細を見る

サポート自動化

詳細を見る

マルチポリシー設定

詳細を見る

サーバー冗長化

詳細を見る