リモートデスクトップ・ソリューション 「ConnectWise Control Access」と 多要素認証プラットフォーム「PassLogic」の連携が完了

パスロジ株式会社(東証TOKYO PRO Market上場:証券コード4426、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川秀治。以下、パスロジ)は、パスロジが提供する多要素認証プラットフォーム「PassLogic」と、株式会社アネットが提供するリモートデスクトップ・ソリューション「ConnectWise Control Access」との連携検証が完了したことをお知らせいたします。

ConnectWise Control製品サイト https://service.allconnect.jp/

ConnectWise Control AccessにPassLogicから接続する際のイメージ動画

ConnectWise Control AccessにPassLogic連携動画-

連携により、コストパフォーマンスの高い多要素認証が実現

ConnectWise Control Accessは、社外の端末から、オフィス内の自席PC等に接続して操作する「リモートデスクトップ」を実現するソリューションです。どこからでも同じ環境で業務を実施できるので、出社とリモートワークのギャップがなくなります。

一方、PassLogicは、高度な認証セキュリティを低コスト、低負担で導入できる、多要素認証プラットフォームです。ご存知のように、リモートデスクトップ利用において絶対に防ぐべき脅威は外部からの「不正アクセス」ですが、PassLogicの多要素認証は不正アクセスへの強力な対策となります。しかも、PassLogicの「トークンレス・ワンタイムパスワード」による認証は、接続するブラウザのみで成立するワンタイムパスワード。ハードウェアトークンやスマートフォン、ICカードや、顔、指紋などを読み取るためのリーダーといった追加のデバイスを必要としません。

そのため、ConnectWise Control AccessがPassLogicと連携することで、安全で使いやすく、コストパフォーマンスの高いリモートデスクトップ環境が実現します。

トークンレス・ワンタイムパスワードの仕組み

トークンレス・ワンタイムパスワードの仕組み STEP1

トークンレス・ワンタイムパスワードの仕組み STEP2

パスロジは、今回の連携検証の完了を受け、お客様にConnectWise Control AccessとPassLogicの連携設定を支援する資料提供を開始いたします。
詳細な内容につきましては、下記のPassLogicお問合せフォームより、お問合せください。

PassLogic お問合せフォームhttps://passlogic.jp/inquiry/

パスロジ株式会社について

パスロジ株式会社は2000年の設立より、IT社会において日常的に行われる「ログイン」、「サインイン」といった作業「本人認証」について研究開発を行っているベンチャー企業です。
日本において33件、世界各国では合計111件の特許を取得しております。(2022年12月時点)

主力製品の認証セキュリティシステム「PassLogic」は、400社以上の企業や政府機関等に採用されています。新型コロナウイルス感染症対策によるテレワーク導入拡大にも迅速に対応し、2022年6月には発行ライセンス数144万件を突破いたしました。完全社内開発の純国産セキュリティシステムですので、海外各国の政府・団体の影響を受ける可能性が低く、安心してご利用いただけます。

また、パスロジ株式会社は2022年4月にアニメ作品「TIGER & BUNNY 2」にキャラクタープレイスメント協賛をいたしました。

パスロジ会社案内ページ https://www.passlogy.com/corporate/

※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている商品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。会社名は、各社の商標または登録商標です。

PAGE TOP