クライアント証明書の登録方法

PassLogicでは、PassLogicサーバが発行したクライアント証明書を、あらかじめインストールした端末だけがログイン可能となる認証端末制限機能があります。
この機能を利用するために、クライアント証明書を端末にインストールする方法をご案内いたします。

クライアント証明書の取得

「ユーザ用のダウンロード画面」にアクセスしてダウンロードする方法と、初回ログイン成功時に表示される「自動発行画面」からダウンロードする2種類の方法で取得できます。
どちらの方法で取得するのかについては、会社によって異なります。管理者からのメール、プリントアウトなどを参照するか、直接管理者にお問合せください。

「ユーザ用ダウンロード画面」から取得

クライアント証明書の発行通知メールやプリントアウトにダウンロード画面にアクセスするためのURLとダウンロード&インポート用パスワードが表記されています。そのURLにアクセスし、ログイン画面からログインをすると、「ユーザ用ダウンロード画面」に遷移します。ダウンロード画面でダウンロード&インポート用のパスワードを入力することで、クライアント証明書をダウンロードできます。

「自動発行画面」から取得

管理者から案内されたログイン画面から、最初にログインした際に「自動発行画面」に遷移します。「自動発行画面」でクライアント証明書をダウンロードすることができます。
ユーザが証明書をダウンロードした場合、その証明書にはインポート用のパスワードが設定されています。
インポート用パスワードは、クライアント証明書の発行メールやプリントアウトに記載されています。

クライアント証明書のインポート(登録)

クライアント証明書はインポートする端末のOSやブラウザによって登録方法が異なります。
下記リストより対応するブラウザを選択し、ご参照ください。

■Windows OS

証明書ファイルをダブルクリックし、インポートウィザードの画面に従って登録をしていただくことで、Microsoft Edge、Internet Explorer、Google Chromeの全てで証明書が使えるようになります。
ただしMozilla Firefoxを使用する場合は、Mozilla Firefoxへの証明書の登録作業が必要になります。

Microsoft Edge、Internet Explorer、Google Chrome
Mozilla Firefox (Windows)

■Mac OS

証明書ファイルをダブルクリックし、キーチェーンアクセスで証明書をインストールするとSafari、Google Chromeで証明書が使えるようになります。
ただしMozilla Firefoxを使用する場合は、Mozilla Firefoxへの証明書の登録作業が必要になります。

Safari, Google Chrome
Mozilla Firefox (Mac OS)

■iOS (OS10)

Safari

■Android (OS4以上)

Android 標準ブラウザ


登録済みのクライアント証明書の削除方法はこちら